BME for Googleとは

Googleの検索エンジン/マップにおいて「地域名+キーワード」などで検索した際に、店舗アカウントの上位表示を実現するサービスです。最近ではお店を探す時にスマホのGoogleから「地域名+キーワード」検索する人が増えており、対策しているかどうかでお店の集客が大きく変わります。

BME-for-Google管理画面

BMEの強み①

​費用対効果がわかる管理画面

​Google マップからの来店数、予約数を独自に計測していきます。

計測した情報を管理画面で確認できる事によって、費用対効果が一眼で分かります。

費用対効果が分かる管理画面

BMEの強み②

34媒体のサイテーション

MEO対策の中でも、最大級の効果がある《サイテーション》を重視、Googleが世界基準と認めている34媒体にお店のアカウントを自動生成します。SNSなど、Web上に存在する店舗情報は全てが正しいとは限らず、店舗名などの表記が統一されていません。ブレインは独自の技術によって店舗情報を一元管理し、ネット上の店舗情報の統一に成功しました。

​統一された正しい店舗情報をGoogleマップは信頼できる情報だと認識し、検索ランキングも上位に表示される様になります。

サイテーションされるSNSの例
34媒体のサイテーション

BMEの強み③

SEOに効果的な専用タグを自動生成

SEOの上位表示に効果的な構造化データを含んだ専用タグを自動生成。

​自社サイトにタグを埋め込むことにより、ポータルサイトページの順位を上回るなどの効果が出ます。

BME-for-GoogleのSEOに効果的な専用タグ

​事例

BME導入前後の集客比較

赤坂 居酒屋 (キーワード:「赤坂 居酒屋」他 合計5ワード)

MEO導入前後推移
MEO導入前後比較