集客に困っている店舗事業の方へ。MEO対策の基礎理解

更新日:11月20日



はじめに

最近飲食店や美容院、エステなど店舗事業をしている経営者の方は一度はMEO対策を耳にした事があるのではないでしょうか?


一体、MEO対策ってなんなのか?


そしてそのMEO対策がなぜ必要なのかをプロが解説していきます。



目次

結論

MEO対策とは

 ・MEO対策の重要性とは

 ・100%の対策をするには



結論


MEO対策をするだけで集客が圧倒的に有利になる。



MEO対策とは


そもそもMEO対策とは何か?

→Map Engine Optimizationの略です。よくホームページなどの上位表示で使われるSEO(Search Engine Optimization)は、Google検索で「京都 カフェ」で検索された時に1番上に表示されるように対策することで、MEOはGoogleマップで「京都 カフェ」で検索された際に1位に表示されるように対策する事です。



MEO対策の重要性とは


MEOについては分かったけど本当にする必要があるの? そう思った方も多いと思います。

では、どのくらい重要かを表しますと今お店選びでGoogleマップの結果で選ぶ人が74%にものぼります。(※これはGoogleが公式に発表しています。)


しかし、この74%の中でも選ばれるには10位以内に入らなければ選ばれる可能性が少なくなってしまいます。



上記の写真の様に「京都 カフェ」で検索された時に先にGoogleマップの検索結果が出てきますよね。これが74%もの人がMEOで選ぶ理由にもなっています。


ただ、Googleマップを開いて「京都 カフェ」と検索する人もいればGoogleの検索で「京都 カフェ」を検索する人もいます。どちらから検索されても結局最初に目にするのはGoogleマップの検索結果になります。


ここであまり良いところが見つからなければSEOの検索結果を基にお店選びをされるわけです。



100%の対策をするには



Googleマップを含めるGoogleの検索での100%の対策をするにはどうするのが良いかと言うかと残りの26%の「京都 カフェ」のような自然検索(自分の店名を直接検索されない検索)で上位表示させる必要があります。


特に店舗ビジネスはホームページの重要性をあまり認識しておらず、特に飲食店の方々はない方が多いです。


ですが、店舗ビジネスでホームページが必須なのはお店がどんなお店でどういう人がやっているのか、某予約サイトやSNSに載っている情報は正しい営業時間なのかあまり不確実な所も少なくはありません。


ブランディング用途としてでもそうですし、他の予約サイトに毎月多額の経費を払わずに経費を抑えてホームページの費用に回し、SEO対策もしっかり行なってもらいGoogleでの検索をカバーします。

これをする事でGoogleでの集客の対策はできるのでそれとは別に今度はSNSでの集客に力を入れれば現状の集客における流入源の確保をする事ができます。


次回は、プロが教える自分でできるMEO対策の仕方について教えていきます。