Wixは本当にSEOに弱いの⁉︎Wixで可能なSEO対策方法と理由を解説

更新日:9月21日

「WixはSEOに弱いから使わない方が良い」「Wixはブログの機能がそこまで良くないから上位表示はできない」など様々な事を言われています。では、本当に「WixはSEOに弱いのか?」またWixでSEO上位表示するためにはどうすれば良いのかなどを現役Wixパートナーが徹底解説します。


 

目次

01 | WixがSEOに弱い理由

   01-1 | 無料ドメイン

   01-2 | サイト表示速度

   01-3 | ブログ

   01-4 | ノーコード


02 | Wixで可能なSEO対策9選

   02-1 | Wix SEO Wiz

   02-2 | タイトル

   02-3 | メタディスクリプション

   02-4 | 画像のAltタグ

   02-5 | 独自ドメイン

   02-6 | ブログの更新

   02-7 | モバイル最適化

   02-8 | Googleのツールと連携

   02-9 | Wixアプリの利用


03 | SEO対策はそもそも今も効果があるのか?


04 | まとめ

 

01 | WixがSEOに弱い理由

Wix.comロゴ

WixがSEOに弱く、SEO対策でできる事が少ないから上位表示はできないと言っているWordPressユーザーの方は多くいます。結論、Wixパートナーの私から見てWixはSEOで上位表示しにくいというのが答えです。


弱いか強いかで語るのは極端すぎます。Wixが上位表示している事例がないのであればWixはSEOに弱いと言えます。ただ決してそうではないので強弱では語れないため、上位表示しにくいという表現を使いました。現にWixの公式サイトは「ホームページ制作」で上位表示をしているのでこの時点で弱いと言うのは成り立ちません。


また、Googleのジョン・ミューラー(John Mueller)氏が、Webmaster Central Help Forumにて「WixのWebサイトはSEOに問題は無い」と言っているのでWordPressで制作をしているエンジニアの話は無視で構いません。自分達の仕事が減るのを阻止するために言っている方が多いのが日本の現状なのと、実際に私が担当しているサイトも上位表示をしていますので全くもって日本のWebエンジニアの方の話は信憑性に欠けるので信じない方が良いです。



Wix SEO

出典:SEO HERO


では、なぜ上位表示しにくいと書いたのか理由を4つ目に解説します。それまではよくWixがSEOで上位表示できないと言われている要因の部分の解説をしています。



01-1 | 無料ドメイン

無料で誰でも簡単に作れるとWixが謳い文句にしていたので無料で使えると思っている方が多いですが、独自ドメインを用いる場合は無料では使えません。


よく言われていたのが無料のドメインだからWixのサイトは上位表示が無理だと言う方がいましたが、有料プランに契約すれば独自ドメインに接続は可能です。なので独自ドメインを取得しサイトを公開して対策をしていけば上位表示は可能なのが現状です。



01-2 | サイト表示速度

Wix Turbo

出典:Wix Blog


続いてこれもよく言われている事ですが、Wixはサイトの表示速度が遅いからSEOでの上位表示ができないとなっていますが、Wixはサイトの表示を高速化するためにWix独自のテクノロジーのWix Turboを開発し、具体的には視覚的な画面読み込み時間は実装前と比べて45%向上、サイトの機能がインタラクティブになるまでのサイト読み込み時間が35%向上しています。


実際に触っていて遅いか早いかで言われると確かにまだまだ遅い方ではありますが、大分改善されてきていますし、遅くならない様なサイトの作り方をすれば問題ありません。なんならJavaScriptをめちゃくちゃ書いてアニメーションを複雑に作っているコーディングのサイトの方が重たいです。



01-3 | ブログ

WordPressユーザーが特にマウントを取っている部分で言うとこのブログの部分です。正直SEOで上位表示するためにWixのブログはどうなのかと聞かれると、WordPressに比べればできる事が限れてしまうので確かに不利な部分ではありますが、Googleの規約に則った形で書いていけば全然上位表示は可能です。


目次の機能がなかったり、デザインの部分で見やすくしたりなどもできないので制限は多いですが、日々アップデートしており機能はどんどん追加されていくのでWixのブログの機能がより改善される日は近いと思いますので正直問題は感じていません。



01-4 | ノーコード

最後に私がWixがSEOで上位表示をしにくいと言った理由を解説していきます。その理由は単純でWixはノーコードでかつ自由度が高いツールだからです。どういうことかと言いますと、Wixはノーコードでかつ自由にデザインをする事ができる反面、余分なコードが多くなってしまっています。つまり、通常コーディングして作るサイトよりもコードが多くなってしまっているという事です。なので上位表示ができないわけではないですし、できますが上位表示はしにくくはなっています。


また、Wixのパートナーの一部の方でWixのSEOは弱くないと断言している方がいますが、その人の話も鵜呑みにする必要もありません。基本的にSEOに関してですがGoogleの社員でもGoogleのSEOのアルゴリズムを知っている人は限られているのに正解はこれだというものは誰にもわからないので参考にするといったスタンスのほうが良いです。


この様なSEOの観点を気にしてコーディングの作りを意識しながらノーコードでサイトを制作したいのであればWebflowでの制作が一番おすすめです。



02 | Wixで可能なSEO対策9選

ここで紹介するのはWix内に元々備わっている機能や追加で使用するWixアプリの紹介になります。Wixができたばかりの時はまだまだSEO対策における機能としては不十分だった様ですが、今はWix内でできる機能だけで十分SEO対策を行う事が可能となっています。WixでのSEO機能8つとおすすめのアプリをご紹介します!



02-1 | Wix SEO Wiz

Wix SEO Wizは、Wixに標準で備わっている機能でWix側の指示に従って設定を行う事でサイトの公開を行う事ができる機能となっています。Wix SEO Wizの手順を以下に記載しておきます。


①Googleに提出をクリック

Wix SEO Wiz

ダッシュボードのマーケティング・SEOのGoogleに提出をクリックします。


②「今すぐ始める」をクリック

Wix SEO Wiz

③ビジネス名またはブランド名を記入

Wix SEO Wiz

まずはビジネス名またはブランド名を記入します。ここで入力したものは後からでも変更できます。


④SEOのキーワードを記入

Wix SEO Wiz

SEO対策したいキーワードを入力します。ここでは3個までとなってますが、後から5個まで追加する事もできますし、ここで決めたキーワードを変更する事もできます。


⑤赤のビックリマークが付いている所を修正していく

Wix SEO Wiz

キーワード入力後、SEO設定チェックリストの赤色のビックリマークの部分をクリックして修正を行っていきます。


⑥各チェック項目の下のチェック項目をクリアしていく

Wix SEO Wiz

チェック項目を開くと上記の様に下に赤色のチェック項目が出てきます。そこを1つずつクリアしていくと完成します。


⑦チェック項目をクリアしていくと緑に変わっていく

Wix SEO Wiz

この様にキーワードを入力してチェック項目をクリアすると赤から緑に変わります。


この様にして全ての赤色のチェックリストを全て緑にする事で30秒ほどでGoogleに掲載する事ができます。



02-2 | タイトル

続いてタイトルですが、Googleで検索した際にブログや企業のホームページのタイトルが書いてあると思いますがそこの部分を設定していくやり方になります。


①SEOベーシックをクリック

Wixタイトルの設定方法

サイトページをクリックして、SEOの設定を行いたいページの右にある・・・をクリックします。上から2つ目に出てくるSEOベーシックをクリックします。


②ページのタイトルを入力する

Wixタイトルの設定方法

ページのタイトルですが、先程のWix SEO Wizで出てくるおすすめのもので設定する方法もありますが、拘って自分で決めたい方はこちらからタイトルを変更します。



02-3 | メタディスクリプション

次にメタディスクリプションの設定です。

メタディスクリプションは、検索した際のサイトのタイトル下に小さい文字で書いているそのサイトやブログの詳細が記載されている部分です。ここを記載する事でそのページを開く前に内容がなんとなく分かるので、ユーザーを惹きつけてクリックさせる事に繋げれます。


Wixメタディスクリプションの設定方法

やり方は簡単で、先ほどのタイトルの下にメタディスクリプションとあるのでそこに記載していきます。ここもWix SEO Wizの画面で必要な文字のチェック項目があるのでそちらから編集するのもおすすめです!